きらりきらりと切手と星座

収集していた切手を切手買取に出したときの話

私は父親が切手を収集していた影響で切手を集めるのが趣味でした。父親が亡くなってからは父親の切手コレクションを引き継ぎその枚数は数えられないほどありました。ただ切手を収集して十年も経ち、切手収集への情熱が冷めてきました。妻からは理解を得ていた趣味でしたがこの際きっぱりと辞めることにしました。また集めていた切手の価値が高いことにも気づいており、その売却価格で妻へのプレゼントを買おうと考えました。そこまずは切手買取業者から探すことにしました。売るならできる限り高いところで売りたく、インターネットで検索していると実店舗を持たない業者を見つけました。売却方法が出張買取のため、多少不安でしたがインターネットでの評価も高くこの業者に切手買取を依頼することにしました。実際に家まで買い取りに駆けつけてくれると思った以上に親切に買取を始めてくれました。価値がないと思っていた切手でも高価買取をしてくれたので査定の目は確かなもだと思いました。おかげで高価買取をしてくれたので妻へのプレゼントも買えることができました。

切手買取と切手収集ブーム到来期の切手の価値

収集していた切手を切手買取に出したときの話

切手買取はシートで売ることが吉

オリンピックにちなんで関連の切手買取を依頼

切手買取を依頼することは得に繋がるのか